ニュース

米国男子タンパベイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 タンパベイクラシック
期間:09/19〜09/22 場所:イニスブルックリゾート・コパーヘッドコース(フロリダ州)

韓国の崔京周が、ツアー2勝目に向け8アンダー単独首位

米国男子ツアー「タンパベイクラシック」が、フロリダ州パームハーバーにあるイニスブルックリゾート・コパーヘッドコースで開幕した。初日は悪天候のため、日没サスペンデッドになり、17名の選手はホールアウトできなかった。この日のようにサスペンデッドになると、翌日以降のスケジュールが変更になってしまう。そこで、米PGAツアーでは、来シーズンからは1試合あたりの出場選手数を減少する方向で検討をしているようだ。

ホールアウトした選手の中では、韓国の崔京周が8アンダーをマークして単独首位に立っている。この日の崔は、11番ホールから4連続バーディを奪うなど、面白いようにスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

崔に2ストローク遅れて6アンダーにはR.パンプリング。そして、5アンダー3位にB.アンドれードがつけている。先週行われた「SEIペンシルバニアクラシック」では、最終日を単独首位で迎えながら、最終ホールでバーディが奪えず優勝を逃してしまった。今週こそ2年ぶりのツアー5勝目を挙げられるか注目だ。

今週も日本からは田中秀道が出場。先週自己最高の7位に入り、来シーズンのシード権をほぼ確定させた。10番のスタートホールでバーディを奪った田中だが、15、17番のパー3でボギーを叩き1オーバーに後退。しかし、後半1番でバーディを奪うと、4番パー3、最終9番でもバーディを奪い2アンダー。暫定ながら14位と好位置につけた。

そして、今週はタイ・トライオンが復帰をしている。単核細胞症という難病でトーナメントを5ヵ月間離れていたトライオンがついにツアーに帰ってきた。昨年17歳にしてプロ入りしたトライオンは、18歳になるまでは出場試合数を制限されるなど、なにかと話題が多かったが、ここ数ヵ月は病気と闘っていた。

初日のトライオンは、4番ホールでボギーが先行してしまい、7番でもボギー。バーディも3つ奪ったが、5つのボギーで2オーバー85位と出遅れてしまった。今週は優勝争いよりも、まずツアーに復帰できた喜びのほうが多いだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 タンパベイクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!