ニュース

米国男子リノタホオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 リノタホオープン
期間:08/22〜08/25 モントレックスG&CC(ネバダ州)

C.ハウエルIIIが、ツアー初優勝に向け7アンダーの好スタート!

米国男子ツアー「リノ・タホ・オープン」の2日目。午後から風が強くなり、選手たちは距離感を合わせるのに苦労した。初日7アンダーをマークして単独首位に立ったチャールズ・ハウエルIIIは、再三に渡りガードバンカーにつかまり、スコアを1つ落として15位に後退してしまった。

この日スコアを伸ばしたのは、早い時間にスタートした選手ばかり。2アンダー27位からスタートしたスティーブ・フレッシュは、4番パー5でイーグルを奪うなど、7バーディ、1ボギーで8ストローク伸ばした。通算10アンダーは、トム・パーニスjr、ベン・クレーンと並んで首位となっている。

2位タイからスタートしたパーニスは、初日と同じ7バーディを奪ったが、ボギーも3つ叩いている。5番ホールでは、10メートルを超える長いバーディパットを決めるなど、パットは好調のようだ。

首位と1打差の9アンダーにはダフィー・ウォルドーフジョナサン・ケイボブ・ツエーの3人が並んでいる。7月の全英オープンでは3日目の嵐の中、77を叩きながら18位に入ったウォルドーフはアグレッシブなゴルフをするイメージがある。初日も7バーディ、3ボギーという内容だったが、この日は5バーディ、ノーボギーと堅実にスコアを伸ばしてきた。

今週は、ワールドランキング上位の選手ほとんどが、世界ゴルフ選手権のNECインビテーショナルに出場しているが、賞金ランキングトップ30以内でクリス・ライリーだけがこの大会に出場している。初日1アンダー33位のライリーは、2連続バーディでスタートすると、11番パー5ではイーグルを奪い通算7アンダー9位まで浮上してきた。

期待の日本勢だが、ライリーと同じ33位からスタートした田中秀道は、5バーディを奪い15位。残り2日でトップ10入りを狙う。そして、初日の後半だけで4ボギーにダブルボギー1つを叩きガタガタとスコアを崩した横尾要。スタートホールでボギーを叩き、嫌なムードになったが、イーブンパーで持ちこたえ、辛うじて予選は通過した。

関連リンク

2002年 リノタホオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~