ニュース

米国男子キヤノン・グレーターハートフォードオープンの最新ゴルフニュースをお届け

キヤノン・グレーターハートフォードオープン
期間:06/20~06/23  場所: TPCリバーハイランズ(コネチカット州)

田中5位タイ、横尾11位タイで最終日へ

2002年 キヤノン・グレーターハートフォードオープン 3日目 フィル・ミケルソン
前半伸ばしたP.ミケルソン【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.ケイ -13 197
2 S.バープランク -12 198
3 S.ホーク -11 199
4 D.ラブIII -10 200
5 P.ミケルソン -8 202
5 S.ペイト -8 202
5 J.カーター -8 202
5 田中秀道 -8 202
9 P.ゴウ -7 203
9 T.ヘロン -7 203

スコア詳細を見る

ムービングデーと呼ばれる3日目、まず大きな動きを見せたのは全米オープンで惜敗したばかりのフィル・ミケルソンだった。4アンダー13位タイグループからスタートしたミケルソンは、前半6バーディを奪い、あっという間にトップへ。後半も13番でバーディを決め、11アンダーまでスコアを伸ばした。しかし、16番のパー3でティショットを池に入れ、ダブルボギー。最終ホールもボギーを叩き、今日66、通算8アンダーで5位タイにとどまっている。

TPCリバーハイランズは、先週のベスページに比べればフェアウエイは広く、ティやグリーンの高低差も少ない。とはいえ、場所によってはベスページより深いラフもあり、決して易しいとは言えないコースである。それでも、今日は上位陣が軒並み好スコアをマーク。昨日首位タイのジョナサン・ケイは6バーディ、1ボギーの65で回り、通算13アンダーで首位を守っている。さらに好スコアをマークしたのはスコット・バープランクだ。9バーディ、2ボギーの63をマークし、通算12アンダーで11位タイから一気に2位へジャンプアップした。3位には11アンダーでスコット・ホーク、4位には10アンダーでデービス・ラブがつけている。

2002年 キヤノン・グレーターハートフォードオープン 3日目 田中秀道
田中も好位置をキープしている【拡大写真】

期待の日本人選手は今日もなんとか好位置をキープした。6アンダー6位タイからスタートした田中秀道は、バーディ発進した後、8番、11番、14番でもバーディを重ね、スコアを10アンダーまで伸ばした。しかし、15番の第2打がグリーンをオーバー。第3打のピッチショットがグリーンからこぼれ落ち、3Wのチップショット、さらに2パットでダブルボギー。それでも上がりの2ホールはグッドパーセーブでフィニッシュ。田中は今日68、通算8アンダーでミケルソンと同じ5位タイグループに付けている。終盤にスコアを落としたものの、気力が最後までなんとか持続し、秀道ファンは胸を撫で下ろしていた。

「いいリズムを作れた状態から終盤に悪いほうへ傾いてしまった。これを反省材料に最終日もがんばりたい。15番以降は難しかったけど、それでもマネジメントはしっかりできていたと思う。15番グリーンの周りで3Wで寄せる練習は練習日にもやっていたけど、今日あそこで4打目を打つときは、このホールを一体いくつで上がれるのかなというぐらいの気持ちだった。明日は、まだ何位で上がりたいと考えられる状態ではないけど、いいショットとパットをすることに集中すれば、6アンダーで回ることもないわけじゃないと思います」

2002年 キヤノン・グレーターハートフォードオープン 3日目 横尾要
ボギースタートから盛り返した横尾要【拡大写真】

7アンダー、4位タイという位置から3日目をスタートした横尾要は、田中とは正反対のボギー発進。初日と2日目は良く入っていたパットがなかなか入らず、前半は1番、2番、4番、9番でボギー。しかし、12番でようやく1メートルのバーディパットを沈めると、15番でも7番アイアンのチップで寄せた1メートルのバーディパットを決め、続く16番パー3でもバーディ。横尾は今日1オーバー71。通算スコアを前半で3アンダーまで落としたものの、後半で6アンダーまで戻し、11位タイグループに踏みとどまった。

「出だしでパーパットを外したときからパットのリズムを崩してしまい、最初から苦しいスタートになった。グリーンは思ったより柔らかく、読めていなかったと思う。アプローチも突っ込めなかった。でも、3アンダーから6アンダーに戻した自分を褒めてやりたい。明日はなんとか(アンダー数を)2ケタに乗せ、トップ10か、最低でも20位以内に入りたい」

横尾は現在、賞金ランク92位。37万5,913ドルを稼いでおり、今大会でトップ10フィニッシュすれば、来年のシード権がほぼ確定する。一方、田中の現在の賞金ランクは128位。稼いだ賞金は19万4,317ドル。今大会で単独3位以内に入れば、田中もシード権をほぼ確定することができる。最終日のペアリングは、田中がジム・カーターと同組、横尾は3日目同様、デビッド・ピープルズと同組でラウンドする。

レポート&写真:BEYONDSHIP


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~