ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

豪雨に見舞われ、午後スタート組がスコアを伸ばしている

米国男子ツアーの準メジャー「ザ・プレーヤーズ選手権」の第1ラウンドは、午前中の豪雨のため2時間半ほどの中断となった。練習ラウンドから柔らかめだといわれたグリーンは、さらに柔らかくなった。

コースコンディションが乱れる中、早めにスタートしたした選手は思うようにスコアを伸ばすことができなかった。午後になり風も治まり、首位は5アンダーのP.ミケルソンC.ディマルコS.ホークの3人。3人ともホールアウトはできず明日、残りホールを消化することになった。

この大会に2週連続優勝と大会連覇を狙うT.ウッズは中断後にスタートをきった。10番からスタートし、バーディチャンスにつけるがグリーンをつかみきれず18番で初めてのバーディを奪った。そして2番パー5でもバーディを奪ったが、5番でボギーをたたいたところでこの日のラウンドを終えた。

昨年、一昨年と最終日が豪雨のためサスペンデッドになっているが、今年も天候はまだ荒れると予想される。天候との戦いも選手にとっては重要になってくる。

そして、この日の雨に打ちのめされてしまったのが横尾要だった。前半を1アンダーで通過した横尾は、10番でボギーをたたいてしまった。そして14番で中断になり、このホールをボギー。続く15、16番と3連続ボギーを叩くと、名物ホールの17番、18番でダブルボギーを叩いてしまった。

一気にスコアを崩した横尾は7オーバー142位となった。そして、丸山茂樹は中断にも負けず、2バーディ、2ボギーのイーブン。54位で踏ん張っている。

また、この大会にはカーボーイハットでおなじみの片山晋呉が出場している。スタートの1番でボギーを叩いたが、2番、3番連続バーディ、5番でボギーとなり9番を終えてイーブンパー、丸山と同じ54位グループにつけている。

関連リンク

2002年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~