ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ビュイックインビテーショナル
期間:02/07〜02/10 トーリー・パインズCC(カリフォルニア州)

優勝争いのはずが、タイガーぎりぎりで予選を通過

米国男子ツアー「ビュイック・インビテーショナル」は、トーリー・パインズCCで開催されているのだが、ノースコースとサウスコースの難易度が極端に違い、選手のリズムをも狂わせた。

初日ノースコースを6バーディと好発進したT.ウッズが、サウスコースで別人のようなプレーをしてしまった。スタートの1番ホールでボギーを叩くと、3番パー3でダボ、4番でもボギーとあっという間に2アンダーまで後退した。この日の予選カットラインは1アンダーか、2アンダーと見られていたため、首位争いを演じるかと思われていたウッズが、予選落ちのピンチになってしまった。

ウッズの予選落ち、それは5年前にさかのぼらなければならない。1997年のベルカナディアンオープン以来プロ入り2度目となる。中盤持ち直したウッズだが、17番でダブルボギーを叩き、イーブンパーとなり本当にピンチを迎えた。しかし、最終18番でバーディを奪い1アンダー69位タイでぎりぎりセーフ。予選を通過した89名中最も悪い77の大叩きとなった。

首位はベテランのJ.LルイスとK.ジョーンズ。ともに初日ノースコースで4アンダーをマークし、2日目に難しいサウスコースで5ストローク伸ばしてきた。また、初日サウスコースのベストスコア67をマークしたM.オメーラも、ノースコースで確実にスコアを伸ばし8アンダー3位につけている。

この試合5人の日本選手が出場しているが、好調の横尾要がサウスコースで1ストローク伸ばし通算3アンダーで39位、初日と同じ順位をキープ。初日バーディなしの1ボギー、1ダブルボギーを叩いた丸山茂樹が、ノースコースで6バーディを奪い通算2アンダー55位まで浮上してきた。

また、初日スコアを伸ばしやすいノースコースで1オーバーだった田中秀道は、サウスコースで2アンダーをマークし通算1アンダー、ウッズと同じ69位タイで予選を突破した。スポット参戦組に谷口徹宮本勝昌はスコアを崩し残念ながら予選落ちとなった。

関連リンク

2002年 ビュイックインビテーショナル




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~