ニュース

米国男子WGC アメリカンエキスプレス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC アメリカンエキスプレス選手権
期間:10/02〜10/05 場所:キャピタルシティクラブ(ジョージア州)

連覇見えた!! タイガーが7アンダー単独首位に浮上!

ジョージア州ウッドストックにあるキャピタルシティクラブで開催されている、『WGC アメリカンエキスプレス選手権』の2日目。「全米オープンよりも難しい」と悲鳴をあげる選手もいるほどで、この日アンダーパーでラウンドしたのは5人しかいなかった。

この難しい状況で4ストローク伸ばした選手がいる。世界ナンバーワンのタイガー・ウッズだ。3アンダー4位からスタートしたタイガーは、前半から積極的に攻めた。5バーディ、1ボギー。他の上位選手がスコアを崩していたため、単独首位に浮上するとその差を広げていった。

<< 下に続く >>

1ヵ月ぶりのツアー復帰とは思えぬゲームコントロールで2位に5打差をつける7アンダー。5番パー4では1オンに成功し、9番ではセカンドショットでピンを直撃。この1ヶ月間ゆっくりと休養を取ったというタイガーだが、今回使用しているニュードライバーを思い切り振り回すあたり、相当な打ち込みをしてきたに違いない。

5打差をつけられたが2位につけているのは、初日首位のセルヒオ・ガルシアと絶好調の崔京周。さらにティム・ヘロンロッコ・メディエイトと4人が並んでいる。3番ホールでバーディを先行したガルシアだが、4番から11番までに5つのボギーを叩き失速。その後1つだけスコアを伸ばし2位にとどまっている。

現在賞金ランキングで首位に立つビジェイ・シンは、スコアを伸ばせなかったがイーブンパーを維持し13位から8位に浮上してきた。賞金争いでタイガーよりも優位に立つには、タイガーが優勝した場合最低でも2位に入らなければ一気に差をつけられてしまう。安定感のあるシンだけに、タイガーとの直接対決なら勝算も十分にある。賞金王を占う意味でも最終日まで目が離せない。

日本勢は、初日イーブンパーの13位につけていた伊沢利光が、この日4つスコアを落としてしまった。しかし順位は16位にとどまり、明日以降の活躍に期待が持てそうだ。また手嶋多一は、スタートの1番から4連続ボギー発進の苦しいスタートを切った。その後は踏ん張りを見せ、5オーバーでホールアウト。通算12オーバーまでスコアを落としたが、68位から65位に少し順位を上げた。を落としたが、68位から65位に浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC アメリカンエキスプレス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!