ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:08/02〜08/05 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

J.フューリックが首位を堅守! 日本勢は苦戦が続く

◇世界ゴルフ選手権◇WGCブリヂストンインビテーショナル 2日目◇ファイヤーストーンCC (オハイオ州)◇7,400ヤード(パー70)

単独首位からスタートしたジム・フューリックが5バーディ、1ボギーの「66」をマーク。通算11アンダーに伸ばしてその座をキープし、2位に2打差のリードをつけて後半36ホールへと折り返した。

<< 下に続く >>

通算9アンダーの単独2位に、スペインのラファエル・カブレラベロー。通算8アンダーの単独3位に、南アフリカのルイ・ウーストハイゼン。通算7アンダーの単独4位にジェイソン・ダフナーが続く。ロリー・マキロイ(北アイルランド)が通算3アンダーの12位タイに浮上。タイガー・ウッズは通算2オーバーの44位タイに後退した。

日本勢では、石川遼が2バーディ、4ボギーと2つ落とし、通算3オーバーの48位タイに後退。武藤俊憲は通算4オーバー、藤本佳則は通算7オーバー、谷口徹は通算10オーバーとしている。

J.フューリック、2シーズンぶりの勝利へ加速>
スタートで飛び出したフューリックの勢いはこの日も止まらなかった。序盤の2番(パー5)で第2打をグリーン奥まで運び、バーディを先行。8番でボギーを叩きながらも、すぐに9番で7メートルのバーディパットを沈めて取り返し、後半は12番から2連続バーディを決めてスコアを伸ばした。

そしてナイスラウンドの中でも大きかったのが10番のパーセーブ。右サイドのバンカーを渡り歩き3オンとなったが、2.5メートルを沈めて難を逃れた。サンドセーブは100%(4回中4回)。「良いパーをたくさん取れて、好スコアにつながった」と振り返った。

初日「63」に続いて「66」は、自身の開始36ホールでの最少スコア。「前日は午後のスタートで、帰ってからすぐに眠って、今日は早朝にコースに来てからラウンドだった。(ラウンド間の時間が短くて)この状態をキープするには、良かったのかもしれないね」と納得の表情。「昨日のことは忘れて、週末に良いポジションにいられるようにと集中していた」。その姿勢を、もちろん3日目も貫いていく。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!