ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ノーザントラストオープン
期間:02/16〜02/19 リビエラCC(カリフォルニア州)

P.ミケルソンが暫定首位!日本勢は苦戦、遼は暫定55位

◇米国男子◇ノーザントラストオープン初日◇リビエラCC◇7298ヤード(パー71)

競技は午後5時42分に日没によりサスペンデッド。第1ラウンドの残りは明日の午前7時に再開され、引き続き第2ラウンドが行われる予定。

暫定ながら5アンダー単独首位に立っているのは、6バーディ、1ボギーの「66」でホールアウトしたフィル・ミケルソン。大会3勝目と2週連続優勝に向けて好スタートを切っている。4アンダーの暫定2位タイに、いずれもホールアウトしたJ.B.ホームズハンター・メイハン。米ツアー今季初戦を迎えた昨年の賞金王、ルーク・ドナルド(イングランド)は1アンダーの暫定14位タイでホールアウトしている。

日本勢では、石川遼が2ボギー、バーディ無しの2オーバー暫定55位タイでホールアウト。今田竜二もホールアウトし、4オーバーの暫定101位タイ。最終組からスタートした池田勇太は6ホールを残し、5オーバーの暫定115位タイとしている。

<3勝目を狙うP.ミケルソンが絶好調!>
この大会で2008年、09年と連覇を果たしているフィル・ミケルソンが好スタートを切った。先週は「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」で今季初勝利を挙げ、好調をキープして迎えた初日、6バーディ、1ボギーと安定したゴルフを披露した。大ギャラリーを引き連れてラウンドしたミケルソンは、前半のアウトで2つのバーディを奪うと、距離の短い10番パー4、さらに11番と連続バーディを奪い、ギャラリーの歓声に包まれる。後半の16番でボギーをたたいたが、最終18番は下り10mのバーディパットをねじ込んだ。日没が迫る中で、最高の笑顔でホールアウトするミケルソン。相性も良いコースだけに2日目以降もスコアを伸ばしそうだ。

<飛ばし屋有利?上位は飛距離自慢がズラリ>
大会初日は飛距離の出る飛ばし屋が上位となっている。暫定首位のミケルソンを筆頭に、4アンダー暫定2位タイにはJ.B.ホームズハンター・メイハンの2人。上位3人は、風が少し穏やかになり始めてからスタートした午後組の選手たちだ。バッバ・ワトソンも中盤まで4アンダーとスコアを伸ばしていた。ところがワトソンは後半にボギーを3つたたき1アンダーの暫定14位タイまで後退。午前スタートのワトソンは風の影響をまともに受けてしまいスコアを崩すことになった。

<耐えるゴルフがしきれず2ボギーの石川遼
風の中で絶えるゴルフをしていた石川遼も、後半のアウトに2つのボギーをたたき2オーバーの暫定55位となった。10番からスタートした石川は12番ではグリーン左手前の深いラフに捕まり、14番(パー3)では2打目のアプローチがピンを5mもオーバーするピンチとなったが、この2ホールはパーをセーブ。その勢いでバーディを奪いたいところだったが、その後は短いパッティングを決めることができず、バーディを1つも奪えずホールアウトすることになった。

関連リンク

2012年 ノーザントラストオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~