ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

N.グリーン、R.グーセンとのプレーオフを制す!

2009/07/27 11:25


カナダにあるグレンアビーGCで開催されている、米国男子ツアー第30戦「RBCカナディアンオープン」の最終日。ネイサン・グリーン(オーストラリア)が、プレーオフでレティーフ・グーセン(南アフリカ)を降し、今季初優勝を飾っている。

4位タイで最終日を迎えたグリーン。スタートホールからバーディを決め、順調な滑り出しを見せた後も、4、8番でバーディを決めてスコアを伸ばして前半を終える。後半は1バーディを追加するに止まり、通算18アンダーでホールアウト。これに対し首位スタートのグーセンは、終盤入りに連続ボギーでスコアを落とし、首位に2打差で最終ホールを迎える。この状況でグーセンは起死回生のイーグルを決めて通算18アンダー、土壇場で追いついてプレーオフへともつれ込んだ。
プレーオフに入り、決着がついたのは2ホール目。17番ホールで実施されたプレーオフで、パーのグリーンに対し、グーセンはボギーで勝負あり。最後の最後までもつれた大会は、グリーンが頂点に立って幕を閉じた。

プレーオフを争った2人に続いたのは、ジェイソン・ダフナーアンソニー・キム。第3ラウンドを終え、ともに首位に並んで最終ラウンドを迎えた2人であったが、ダフナーは14番で初バーディを奪うまでに3つのボギーを叩き、キムも序盤から常にボギーが先行する苦しい展開でスコアを落とし、どちらも通算14アンダー、3位タイでフィニッシュしている。

通算13アンダー、5位タイにはジェリー・ケリーら3人。カミロ・ビジェガス(コロンビア)、ルーク・ドナルド(イングランド)、マーク・ウィアー(カナダ)らは通算10アンダー、24位タイで大会を終えている。

戦いは月曜決着へ!暫定単独首位にはJ.ダフナー

カナダにあるグレンアビーGCで開催されている、米国男子ツアー第30戦「RBCカナディアンオープン」の4日目。朝からの雨により、競技は第3ラウンド途中でサスペンデッドに。暫定単独首位には、通算14アンダーでジェイソン・ダフナーが立っている。

単独首位で決勝ラウンドを迎えたダフナー。立ち上がりの2番で早くもバーディを決めたが、その後はパーが続く我慢のゴルフ。6番まで4ホール連続でパーセーブしたところでサスペンデッド。通算14アンダー、暫定単独首位に立っているが、後続との差は1ストローク。気の抜けない戦いが続く。

通算13アンダーでダフナーを追うのはジェリー・ケリー(6H終了)と、アンソニー・キム(9H終了)の2人。特にキムは2番から4連続バーディを決める猛チャージでスコアを伸ばし、12位タイから一気に暫定2位タイに浮上。勢いがあっただけに、雨によるサスペンデッドが文字通り“水を差す”結果となってしまうのか?明日の残りラウンドに注目したい。

通算12アンダー、暫定4位タイにはスコット・バープランク(6H終了)、レティーフ・グーセン(南アフリカ・8H終了)ら5人。続く通算11アンダー、9位タイにはネイサン・グリーン(オーストラリア・7H終了)、ケビン・ナ(8H終了)ら4人。6位スタートのカミロ・ビジェガス(コロンビア)は7Hを終え、1バーディ、1ボギー1ダブルボギーと荒れた内容で暫定21位タイに後退している。

なお、競技は明日の現地時間午前7時30分から第3ラウンドが再開。その後、午前9時5分から最終ラウンドが開始される予定となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 RBCカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。