ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

S.ストリッカー、三つ巴のプレーオフを制す! 今田は71位タイ

テキサス州にあるコロニアルCCで開催されている、米国男子ツアー第21戦「クラウンプラザインビテーショナル」の最終日。スティーブ・ストリッカーが、スティーブ・マリノティム・クラーク(南アフリカ)とのプレーオフの末に勝利を手にしている。

クラークは単独首位から、ストリッカー、マリノは2打差の2位タイスタート。伸び悩んだクラークに対し、ストリッカーは出入りの激しいゴルフで、一方のマリノは静かな内容のゴルフで2つスコアを伸ばして追いつき、勝負は三つ巴のプレーオフへ。

<< 下に続く >>

決着がついたのはプレーオフ2ホール目の17番パー4。ボギーを叩いたマリノ、バーディパットを決め切れなかったクラークに対し、ストリッカーはセカンドで完璧なショットを見せピンそば1mに。このパットを確実に決めてバーディを奪ったストリッカーが今季初優勝を手にした。

優勝を争った3人に続いたのはジェイソン・デイ(オーストラリア)。17番でバーディを奪い通算16アンダーとしたが、前半スコアを伸ばせなかったことが響き、1ストローク差でプレーオフ進出を逃し、単独4位で大会を終えている。通算15アンダー、単独5位にはポール・ケーシー(イングランド)が続いた。

ビジェイ・シン(フィジー)とウッディ・オースティンは、通算14アンダー、6位タイでフィニッシュ。今田竜二は1バーディ2ボギーと振るわず、通算1オーバー、71位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 クラウンプラザインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!