ニュース

米国男子ブーズアレンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ブーズアレンクラシック
期間:06/09〜06/12 コングレッショナルCC(メリーランド州)

ビッグネームがひしめく大混戦!首位と3打差に丸山、4打差に今田

メリーランド州、コングレッショナルCCで行われている、米国男子ツアー第24戦「ブーズアレンクラシック」の3日目。抜け出す選手が現れず、首位と3打差に21人がひしめく大混戦。その中には、アーニー・エルス(南アフリカ)、フィル・ミケルソンといったビッグネームが上位にいる中、単独首位に立ったのは、チャンピオンズツアーで活躍する55歳のトム・カイトだった。

カイトは、正確なアイアンショットとパッティングで次々とバーディを奪う。この日6バーディ1ボギーのスコア「66」で周り、通算10アンダーまで伸ばしている。また、1打差で追う2位タイには、6バーディノーボギーの内容で30位タイからジャンプアップしたスチュワート・アップルビー(オーストラリア)をはじめ、エルス、アダム・スコット(オーストラリア)、イングランド出身のルーク・ドナルドリー・ウェストウッドなどが追走している。

そして、首位と2打差の8位タイに、この日4つスコアを伸ばしたミケルソン。5バーディノーボギーで周り、大きく順位を上げてきたセルヒオ・ガルシア(スペイン)などが急浮上し、優勝を狙える位置につけてきた。

そのほか日本勢では、6位タイからスタートした丸山茂樹は、この日ショットが冴え渡り、的確にグリーンを捉えるも、パッティングが全然決まらず我慢のゴルフを展開。結局3バーディ2ボギーで終え、通算7アンダーの17位タイに後退した。一方、ルーキーの今田竜二は、ノーボギーの終始安定したゴルフを見せスコアを5つ伸ばし、通算6アンダーの22位タイまで浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ブーズアレンクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。