ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/09〜01/12 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

ワイアラエは左ドッグレッグ攻略が浮沈のカギ

2020/01/09 19:31


ワイアラエCC 2番パー4(423yd)

みなさま、新年おめでとうございます。PGAツアーも前週マウイ島での「セントリートーナメントofチャンピオンズ」でシーズンが再開し、今週はオアフ島で「ソニーオープンinハワイ」。いよいよフルフィールドで優勝争いが行われます。

日本人にとってもなじみ深い、会場のワイアラエCCはショットの飛距離よりも正確性が重視されます。前年のチャンピオン、ツアー屈指のショットメーカーであるマット・クーチャーのように、硬くて狭いフェアウェイ、小さいグリーンを丁寧に攻めたいところです。

<< 下に続く >>

2番ホールは序盤の厄介なパー4。ティイングエリアに立つと、選手、キャディはクリスマスや年末年始の“休みボケ”から、たたき起こされるような感覚があります。距離は423ydと短いながら、左ドッグレッグで、左サイドはずっと池が続き、プレッシャーに襲われます。

フェアウェイの右サイド、ティからは正面に見えるバンカーが、視覚的に第1打の落としどころのターゲットを狭くします。この時期は北風が吹くことが多く、ここではアゲンストに。難度も高くなります。第2打はフェアウェイから打てたとしても、ロングアイアンになることも。特にグリーン右サイドにピンが切られた日にスコアを伸ばすのは至難の業です。

オフシーズンに選手が作ってきたスイングがこのホールで新年早々に試されます。まずはティショットが各選手の調子の良さ、自信の有無のバロメーターになるでしょう。

ワイアラエは2番のほか8、16、18番(パー5)の左ドッグレッグのホールがキーポイント。左サイドを怖がらずに第1打を打てるか、注目して観戦をお楽しみください!(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2020年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!