ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

腕を振ったら“体重移動”がわかったぞ!?

2013/03/13 10:00


「週刊ゴルフダイジェスト」(3月26日号)より

「プロのような左足1本できれいに立てるフィニッシュがとれない」と感じている人は、スウィングの際の体重移動が足りない人だ。しっかりした体重移動ができれば、フォローから体重が左足に乗ってきれいなフィニッシュがとれるもの。バランスよく振り切れた証拠でもあり、ショットの成功率も高くなる。いいことづくめなのだ。

では、どのようにすればいいのか。江連忠のスウィング理論を駆使しアマチュアからツアープロまで指導するインストラクター・米田貴プロが解説してくれた。その中からひとつのポイントを紹介しよう。

<< 下に続く >>

* * *

フィニッシュが悪いからといって、フィニッシュそのものを直そうとしてもなかなか直るものではありません。動きが悪くなってしまう原因は、その前の段階にあるからです。

十分な体重移動を行ってフィニッシュをピタリと決めるためには、まずは左足にしっかりと踏み込んだインパクトを迎える必要があります。そして、そのためには、トップ、バックスウィングが適正でなくてはいけないのです。

フィニッシュがとれない、というアマチュアのスウィングには、いくつかのタイプがありますが、今回は「腕の振りが不足しているタイプ」について見てみましょう。このタイプは、体の動きが硬く、トップが浅い(クラブが立っている)のが特徴。体が固く肩関節が動かない、手首のコックを使わず体のターンだけで打とうとしている、などの傾向があります。

すると、ダウン以降のヘッドの助走距離が短くなり、インパクトまでにフェースが戻り切らないため、下半身の動きを止めて手でフェースを返そうとしてしまう。その結果、体重移動が疎かになって、フィニッシュが取れなくなるというわけです。

これを直すには、積極的に腕を振ることが大切。手首を柔らかく使い、体の動きで腕を揺らすことができれば、トップも深くなって、自然にフェースがターンします。そうすれば、下半身を止めることもなくなり、体重移動がスムーズになるのです。

いいドリルがあります。ひざの上下動に合わせてシャドースウィングするドリルです。クラブを持たずに足をそろえて両手を右サイドに振り上げたら、ひざを曲げる動きに合わせて脱力して腕を下します。そして今度はひざを伸ばす動きで腕の振りを加速させて左サイドに振り上げていきます。こうしたひざの動きに合わせて腕を左右に振る感覚をスウィングに取り入れてください。

* * *

今年こそはもっと飛ばしたい! というアマチュアは、ぜひ参考にしてみてはいかがだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!