ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

下川めぐみはホワイト派 日本人シード選手初のボルビック

2017年1月に「マスターズ」覇者のバッバ・ワトソンがボール契約を結び、話題を呼んだ「ボルビック」ブランド。ワトソンは今季からタイトリストに戻して2年ぶりの優勝を遂げたが、今年2月、国内女子の日本人では初となる契約シードプロが誕生した。初優勝が待たれる34歳の下川めぐみで、今季はボールのほか、ロゴ入りのキャディバッグとキャップを使用する。

所属事務所を通じてオファーが入った当時から、契約すれば日本人シード選手で初になることは知っていたという。「そりゃ(契約に)いかなきゃと思って」。もちろん、テストを重ねて理解を深めた性能も決め手になった。「距離が出るのに、スピン性能もすごくいい。“いいとこどり”のボール、という感じでしたね」と、2018年シーズンの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」から投入した。

使用モデルは、2016年発売の3層構造のウレタンボール『S3 ボール』。ボルビックのボールといえばオレンジやピンクなどカラフルなイメージが強いが、下川はホワイトでシーズンを戦う予定。

ボルビック
飛距離とスピン性能を両立した3層ウレタンボール
発売日:2016/01 参考価格: 6,826円

関連リンク

2018年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~