ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・プレーヤーズ選手権
期間:05/08〜05/11 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

ガルシアが首位と3打差の3位タイに浮上

2014/05/11 13:10

セルヒオ・ガルシアは、ピート・ダイが設計したTPCソーグラスのスタジアムコースと相性が良い。

昨年の「ザ・プレーヤーズ選手権」では、3日目を終えた時点でタイガー・ウッズ、デビッド・リングマースと並び首位に立った。しかし最終日は浮島グリーンの17番(パー3)で7打を要し、18番でもダブルボギーとして8位タイでフィニッシュ。結局のところ、昨年の大会は優勝したウッズと6打差で終えたのだった。

<< 下に続く >>

運、いや、彼の実力だろうが、今年も3日目を終えて優勝争いに食い込んでいる。スペイン出身の34歳は、首位で並ぶマーティン・カイマー、ジョーダン・スピースと3打差の3位タイ。奇しくも同大会で優勝した2008年と同様に、最終ラウンドを首位と3打差で迎える。

08年の最終日は「71」としたものの、ガルシアはポール・ゴイドスとプレーオフに進出し、第1ホール目を取って優勝。だが今回は安定感抜群のカイマーとスピースが相手だけに、逆転して優勝するには08年よりもロースコアが求められることになりそうだ。

「(TPCソーグラス攻略法を)すぐに見出したわけではないよ。2年目くらいから、自分なりに攻略法を見つけられた気がする」と、ガルシア。

「それからはこのコースで良いプレーが出来ていると思うし、比較的優勝争いにも食い込めて、良い形でフィニッシュ出来ていると思う。その点は嬉しいね」。

得手不得手があるということなのかもしれない。実際、ガルシアはオーガスタナショナルでの「マスターズ」では今年も苦しんだ。

「このホールの方がいいスコアで終われる。自分のしたいことが、より明確になる感じがするんだ。あとはそれを実行できるかどうか」。

土曜日は17番のパーパット(約1メートル)を外したものの、ベテランらしく全体的に安定したプレーを披露。フェアウェイキープ率では20位タイとし、3日目は14ホール中10ホールでティショットをフェアウェイに運び、パーオン率でも9位の数字を残し、今週2度目となる27パットとした。

この日もっとも大きなプレーとなったのは、18番ホールのパーパット。約2メートルの距離から沈めると、歓声が起こった。

「凄く大きな瞬間だったと思うから、今のうちに言っておくよ。『70』でも満足したかもしれないけれど、最後に良いショットを打ちながら連続ボギーで上がったとしたら、夕食を美味しく楽しめないだろうね」。

「だからこそ最終ホールのパーパットを決められて良かったと思う。難しいパットだったよ」。

初日よりもグリーンがいくらか速くなったと話したガルシアだが、TPCソーグラスとの相性の良さについては説明できないという。

ガルシアはニヤッと笑いながら「わからない」と言い、こう続けた。

「秘密を教えてしまったら、あなたの口を封じないといけなくなるからね。興味深いことだけれど、このコースでは良いプレーと悪いプレーの境目がごくわずかなんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

2014年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!