ニュース

米国男子ジョンディアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ミュアフィールドへ準備万端のブラッドリー

2013/07/15 14:08

キーガン・ブラッドリーはミュアフィールドでの「全英オープン」4日間を通算6アンダーで回ることができれば納得できるだろう。しかしそれはバーディ祭りで有名な「ジョンディアクラシック」では下位にあたるスコアとなった。

4つのボギーと1つのダブルボギー、そして6つのバーディを奪うという落ち着きの無い最終ラウンドを展開したブラッドリーのスコアは「70」だった。これは61位タイの成績で、上位陣のティオフ前から彼のジョンディアのデビュー戦は終わっていた。

<< 下に続く >>

それにもかかわらず、世界ランク16位の彼は、日曜の夜にスコットランドに向けて発つジョンディアのチャーター機を待ちながら、準備はできていると話した。「今日はゲーム作りに集中したかった。リードをしているつもりで18番ホールに挑んだりとかね。今週は悪くなかったけれどパットに苦しんだ」。

4アンダーで予選を通過し、日曜日は最も早い時間帯でのティオフとなったブラッドリーは、最終日を1アンダーでホールアウトした。彼の頭の中はジョンディアクラシックよりも全英オープンに傾いていた。実際、それが彼の述べた今週のTPCディアランへの取り組み方だった。

「ここに来たのは、全英オープンに向けての調整が主な理由だった。順位に関係なく得るものがあるわけだね」と、2011年に全米プロを制し、これまでメジャーの大会前は数週間休みを取ってきたブラッドリーは語った。「(ミュアフィールドは)とてもじゃないけど、ここでの展開とは異なる」と彼は素直に言う。「でもトーナメントへの出場はいつでも役に立つものだ」。

ブラッドリーはジョンディアでの最終パットからわずか数時間後にイリノイ州モリンからエジンバラに向けて出発するチャーター機に乗る27名の選手の1人だ。「あのチャーター機は(27人の)僕らにとってはちょっと大きいね。それでも、そのまま現地に直行するので助かるよ。チャーター機で行けるだけで、調整がうまく行くよ」。

ブラッドリーは月曜日の9ホールで初めてミュアフィールドのリンクスを体験するが、彼は1週間を通して、キャディのスティーブン・”ペプシ”・ヘイルのミュアフィールドで得てきた経験が頼りになると語った。「戦う準備はできている」と彼は言う。「良いプレーはしてるから、あとはちゃんとしたパットができるかどうかの問題だけれど、それも大丈夫だと確信しているよ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ジョンディアクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!