ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人は世界1位と準決勝 DJの反応は「何も知らない」

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 4日目(25日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

決勝トーナメントの1回戦でポール・ケーシーを2&1で、準々決勝でロス・フィッシャー(ともにイングランド)を4&2で下した谷原秀人は、世界選手権シリーズ初優勝を狙い、準決勝、決勝、3位決定戦が行われる26日(日)の最終日に臨む。準決勝の相手は世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンだ。

ジョンソンは2月の「ジェネシスオープン」で優勝して世界ランク1位に到達し、2週前の「WGCメキシコ選手権」も制して出場試合2連勝中。今季のドライビングディスタンス部門で堂々の1位(316.2yd)を誇る飛距離が、いまも最大の武器だ。

谷原はラウンド後のインタビューで「今のジョンソンは無敵に見えるが作戦は?」と問われ、「僕にも無敵に見えます。体調を崩してくれることを祈ります」と即答。会見場を大笑いさせたが、「一番の強敵。一緒に回ったことがないので楽しみが大きい。ダスティンは調子が良さそうだし、ボールも曲がってなさそう…。どのくらい飛距離で置いていかれて、どのくらいねばれるのか。自分を見たい」と疲労困憊の体を引きずりながらも、ワクワクした表情で話した。この大会の日本勢最高位は、2001年の谷口徹の3位。世界1位撃破となれば、記録を更新する。

ジョンソンは4人1組の総当たり戦となった予選ラウンドで、ウェブ・シンプソン(5&3)、マルティン・カイマー(ドイツ/3&2)、ジミー・ウォーカー(5&3)から白星を挙げた。この日午前の1回戦ではザック・ジョンソンを5&4で下し、メジャー王者4人をなぎ倒した。午後の準々決勝は世界ランク11位のアレックス・ノレン(スウェーデン)と3&2。連勝の5試合を通じ、まだ17番と18番ホールをプレーしていない圧倒ぶりだ。

「早く帰って休みたい」とお疲れモードだが、最終日は史上初めて現行の4つのWGC(HSBC選手権、メキシコ選手権、マッチプレー、ブリヂストン招待)を制した選手になる可能性を持つ。「まだ道のりは長い。まずは決勝に進むこと。ゴルフはどんなことも起こりうるが、そういったチャンスがあることは楽しい」と、谷原戦に全力を注ぐ考え。

ただし、その相手に関する情報について問われると“ナッシング”と答えた。「彼がすばらしいプレーをしていることは明らかだが、何も知らない」。2週後の「マスターズ」出場を決定的にした谷原。世界ランク60位からの下剋上を完遂させるにはもってこいだ!(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。