ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 場所:オークモントCC(ペンシルベニア州)

谷原秀人は51位「すべてに関してタフでした」

2016/06/20 10:28


オークモントCCで開催された今季のメジャー第2戦「全米オープン」。谷原秀人は最終日に前日未消化分を含め20ホールを回りきり、通算12オーバーの51位タイで4日間の戦いを終えた。

午前7時に響いた再開の合図から、第3ラウンドの2ホールをいずれもパーでしのいだ谷原。その後10時20分からプレーした最終ラウンドは「72」(パー70)でプレーした。

<< 下に続く >>

出だしからパーが並び、スコアが動いたのは折り返しの9番。右サイドのフェアウェイバンカーからの2打目をあごに当て、脱出できないミス。「欲が出てしまったと思う。いつもは52度のウェッジで出すところを、(フェアウェイで)バックスピンで戻ってくるのを嫌がってPWで軽く打ったが、当たりが薄かった」。結局、4オン2パットのダブルボギーを叩いた。

後半12番(パー5)で最初のバーディを奪い、残り149ydの2打目をピンそば80cmにつけた14番で2つ目。スタート時の10オーバーに戻したが、上がり3ホールでボギーを2つ重ねた。初日の相次ぐ雷雨中断により変則スケジュールを強いられながら、初出場の全米オープンで決勝ラウンドを戦った。それでも「なかなかアンダーパーを出せない。すべてに関してタフでした」と悔しがった。

「球の種類や飛距離、高さ。もう少しずつ必要なのかなと思う。みんな少しずつ精度が高い。コースに負けちゃっている、自分が」

すぐに帰国の途に着き、次週は石川県で行われる国内ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」(朱鷺の台カントリークラブ)にホストプロとして出場する。「時差ぼけもあると思うけれど、このコースを経験すれば、少しは易しく感じると思う。試合が続いていくので、体のケアとトレーニングをしっかりして、練習できる体を作りたい」。

7月には「全英オープン」(14日開幕/スコットランド・ロイヤルトゥルーン)にも参戦。糧にするものが、また増えた。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!