ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権
期間:05/19〜05/22 TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

マスターズ自滅「かなり昔の話」 スピースが2位に浮上

週末に向け、ジョーダン・スピースが好位置に上がった。スピースの地元、テキサス州ダラスで行われた「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」2日目。初日の「64」に続き、この日「65」で回ったスピースは、通算11アンダーとして首位と1打差の2位につけた。

16歳のアマチュアだったスピースが、初めてPGAツアーに出場したのは2010年の今大会。16位で終えたその年が、今年で6回目の出場となる今大会での自己ベストのまま。ツアー通算7勝を挙げているが、これまでテキサス州で未勝利なのも今大会へのモチベーションが高い理由の1つだ。

2日間のパーオン率は91.7%で堂々1位。だが「グリーンの大きさに助けられている。ミスをしても、まだグリーンに載っている」と、ショットの状態は万全ではない。「(ホールアウト時点での)首位タイにいるような気分ではないし、アイアンショットはいつもの感触ではない。でも、パッティングは自分が望む状態だ」と説明した。

4月の「マスターズ」では、最終日のバックナインに崩れて自滅したが「それは、かなり昔の話に感じる」とスピースは言う。前週の「ザ・プレーヤーズ選手権」の予選落ちを経て、今週は期待通りに優勝戦線へと顔を出した。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。