ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権
期間:05/19〜05/22 TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

「今日のショットでは戦えない」岩田寛、苦手の2日目『67』も不安

2016/05/21 09:43


4戦ぶりの予選突破を決めた岩田寛だったが、その表情はまだ不安げだった。テキサス州のTPCフォーシーズンズリゾートで行われた米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」2日目。岩田は第1ラウンドの残り5ホールを1バーディ、1ボギーとして「67」(パー70)、直後に始まった第2ラウンドも7バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「67」で回り、通算6アンダーの26位で久しぶりの週末に駒を進めた。

「昨日は良かったのに、なんで1日でこんなになるかなって…」。岩田はそう言って呆れたように手で顔を覆った。「昨日の(ショット)だったら戦える気がするけど、今日のだったら戦える気がしない…」。

第2ラウンドで奪ったバーディは7個。4番はPS、6番は7Iでそれぞれピン1m以内につけてバーディとした。ショートゲームのミスからダブルボギーとした12番、続く13番は3パットのボギーとした。だが、直後の14番でフェアウェイからの第2打(9I)をカップの上1mからバックスピンで戻して真横にぴたり。「ショットで獲れたのが良かった」と、タップインバーディとした。

「良いショットと悪いショットの差が激しすぎて、大変だった」と岩田は言う。それでも、フィニッシュで手を放すようなショットがグリーンに載ることもあり、“悪いショット”でも大トラブルは回避した。ミスの幅が小さくなっていることは「そうですね」と本人も認めるところだ。

苦手としていた2日目だったが、運も味方した。初日にサスペンデットとなった関係で、朝7時15分から第1ラウンドの残り5ホールを行って、約30分の休憩をはさんで第2ラウンドが始まった。キャディの新岡隆三郎氏は「2日目の苦手意識を意識しないでできたんじゃないか。朝(の第1ラウンド)が終わって休憩して、第2ラウンドは3日目が始まるような気分だった」と振り返った。

ホールアウト後「今日みたいな感じだったら全然楽しみじゃないので、今から練習して調整したい」と練習場へ向かった岩田だったが、良化しないとみるや早々に切り上げて帰途についた。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。