ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ザ・プレーヤーズ選手権
期間:05/12〜05/15 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

失意のマスターズからの復帰戦 スピースは前を向く

悲劇のサンデーバッグナイン。ジョーダン・スピースは1カ月前の「マスターズ」でその中心にいた。2位以下に5打差を持って臨んだ最終日、後半12番(パー3)で7打を叩いて後退し、まさかの敗戦。失意のどん底で、グリーンジャケットをダニー・ウィレット(イングランド)に着せる表彰式は、連覇を逃した22歳に突きつけられた現実だった。

フロリダ州で12日(木)に開幕する「ザ・プレーヤーズ選手権」は、スピースにとってマスターズ以来となるツアー復帰戦だ。大会前日の公式会見でスピースは「もう終わったこと」と話しつつも、質問はやはりマスターズ最終日の失速に集中した。苦笑いするスピース。「きょうここに来るまでは、人々は既に前を向いていると思っていたんだけど…」

<< 下に続く >>

グリーン手前のクリークにショットを2度打ち込み、リードを失った12番は「たった1ホール、悪いタイミングで起こったことだった」と繰り返した。

「ショットの調子は決してよくなかった」。ボールが右に力なく出るミスは、昨年の夏ごろから課題としているポイントで、シーズン中に失敗と修正を繰り返してきた。ただ、「悪いタイミングで、12番、13番でミスが出た。(フェースの)ヒール側で薄い当たりになってしまった。それが日曜日にリードしているときに起こってしまった。あのホール以外は本当に素晴らしいプレーができたんだ」

オフにした4週間。最初の週はキャディバッグを開けることさえせず、2週目にリッキー・ファウラースマイリー・カウフマンジャスティン・トーマスとバハマ旅行に出かけてリフレッシュした。「ちょっとしたオフシーズンのような1カ月を過ごして、今週は新年が始まるような感じ」と前を向いた。

「これから(特別な)何かを証明すべき、ということはないと思う。プレッシャーのかかる場面でどう対処するかということを僕は(別の試合で)証明してきた」。自信は、揺らいでいない。(フロリダ州ジャクソンビル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!