ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

バーバゾル選手権
期間:07/16~07/19  場所: RTJゴルフトレイル(グランドナショナル)(アラバマ州)

石川遼は22位 日替わりの内容に「まだ半信半疑」

2015/07/19 10:06

首位と6打差の22位で最終日を迎える石川遼。言葉にビッグスコアへの期待をこめた

首位と4打差の20位で予選ラウンドを通過した石川遼は、米国男子ツアー「バーバゾル選手権」3日目を4バーディ、2ボギー「69」(パー71)でプレー。3日間60台(68-69-69)を揃えながらも通算7アンダーの22位に後退し、首位との差は6打に広がった。

2日目は低調気味だったショットの精度は、決勝ラウンドに入り復調。フェアウェイとグリーンを外したのはわずかに3度ずつで、3日目のフェアウェイキープ率78.57%、パーオン率83.33%は、ともに今週3日間の自己ベストだ。

一方で、グリーン上との噛み合いの悪さがチャージへの勢いを削いだ。「前半は良くなかった」というアウトでは、5m以内のチャンスを外すこと4回。後半は12番で8mを決めるなど3バーディを重ねたが、最終18番は2mを外してのボギーでラウンドを締めくくった。

この日のショットについては「内容はだいぶ良くなってきた」と初日に続く手応えを口にしたが、調子そのもに対しては「まだ半信半疑。今日は手応えを感じたけれど、昨日は崩れかけたこともあった」と、納得には至っていない。ショット、パットの日替わりの調子と、噛み合わせの悪さが、上位に近い位置にいる石川の口調を鈍らせている。

そんな自分を鼓舞する意味合いもあるのか。「明日が楽しみな形で終えることはできた。ビッグスコアを出せる要素はあると思うので、それに向けて頑張りたい」と前向きな言葉を並べた石川。海外メジャー「全英オープン」開催中の陰で、静かに闘志を燃やした。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~