ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ノーザントラストオープン
期間:02/19~02/22  場所: リビエラCC(カリフォルニア州)

石川遼 終盤に痛恨「8打」 無言でコース去る

2015/02/20 11:11

4試合連続の予選落ちのピンチ…石川は終盤のトラブルでいきなり大幅な巻き返しを迫られた

カリフォルニア州のリビエラCCで開幕した米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」初日。7年連続の出場となった石川遼は、後半8番で「8」を叩いて大きく崩れ、「77」(パー71)。6オーバーの暫定120位タイと、大きく出遅れた。

2015年の自身初戦から3試合、いずれもあと一歩が届かずに、予選落ちが続いている西海岸シリーズ。この流れの悪さを集約したトラブルに見舞われた。インスタートの前半からアイアンショットに苦しみながら、3オーバーで迎えた後半6番(パー3)から4m、2.5mを沈めて2連続バーディ。終盤の粘りを、頼もしく見せた直後だった。

8番で茂みでボールを捜索する石川と同伴競 8番で茂みでボールを捜索する石川と同伴競技者。この時点でスコアは+1だった

460ydの8番は、フェアウェイが左右に分かれているパー4。左ルートを選択したティショットは、そのフェアウェイに挟まれた雑草地帯に消えた。深い茂みではあるが、“ないはずがない”ボールが、同伴競技者たちと捜索しても見つからない。ロープサイドのボランティアスタッフも逆光で打球を見失っており、ロストボールの処置を余儀なくされた。

ティグラウンドから打ち直しの3打目は左バンカーに入れ、4打目はグリーン右の段下のラフへ。続くアプローチは斜面をつたって足元に戻り、結局6オン2パットのダブルパー。沈痛な思いを引きずったまま、最終9番もグリーン奥のカラーから“3パット”してボギーフィニッシュとなった。

いきなり訪れた4試合連続予選落ちのピンチ。グリーン上で精一杯の作り笑顔で握手を交わした後は、足早にクラブハウスへの坂を上がった。これまでどんな状況でも取材に応じてきたが、この日ばかりは、インタビューエリアを無言で通過してコースを後にした。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~