ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ウィンダム選手権
期間:08/14〜08/17 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

崖っぷちの今田竜二は達観「とにかく今週」

2012年末に米国男子ツアーのフルシード権を喪失した今田竜二。今シーズンもシード復帰に向けた道は険しい状態が続いている。14日(木)に開幕の米国男子ツアー「ウィンダム選手権」は優勝での一発逆転、および今月末から始まる“入れ替え戦”の出場権をかけた戦いだ。

現在レギュラーツアーでのフェデックスカップポイントランキング195位の今田は、今週を終えて200位以内をキープするか、下部ツアーであるウェブドットコムツアーの賞金ランクを次週149位から75位以内に引き上げることができれば、昨年石川遼が出場した4試合にわたるウェブドットコムツアーファイナルズに進出することができる。

<< 下に続く >>

まさに崖っぷちに立たされた状況。しかし開幕前日の今田は静かに調整を終え「出るからには自分の持てる力をすべて出し切りたい。調子は悪くは無いですけど、試合になってみないと分からない。ゴルフはショットだけじゃないし、ショットもパットも、そして運もある」と、すべてを受け入れたような口調で語った。

会場のセッジフィールドCCは近年、グリーンをベント芝からバミューダ芝に変更。「セカンドもガンガン狙って行けるコースだった。でも芝が変わって、気を付けなきゃいけないところが増えた。ラフからのショットは止まらない」。そう警戒心は緩めずとも、「来週以降のことは、まだ考えてない。(入れ替え戦出場圏内に)入れれば、頑張って4週間を戦いたいと思うし、入れなければまたやり直すだけ。そんなに深くは考えてない。いまはとにかく今週、予選通過して上位を目指したい」と、あくまで目先の一打を追究する構えを見せていた。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!