ニュース

米国男子HP バイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権
期間:05/15〜05/18 場所:TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

遼、106位の出遅れも予選突破に前向き

2014/05/16 09:15

4週間ぶりの米国男子ツアー参戦となった「HPバイロン・ネルソン選手権」初日、石川遼は昨年10位タイに入ったテキサス州のTPCフォーシーズンズリゾートで、3バーディ6ボギーの「73」(パー70)とスコアを伸ばせず、通算3オーバーの106位タイと出遅れた。

「特に前半は、試合に入るのに苦労した」という石川。前半9ホールでフェアウェイキープとパーオン成功は共に2回ずつとショットが乱れ、13番(パー3)でグリーン奧からチップインバーディを奪ったものの、4ボギーを叩いて3オーバーで折り返した。

<< 下に続く >>

それでも、後半に入ってショットは復調の気配を見せた。3番、4番、6番とドライバーで確実にフェアウェイを捕え、ショットをピンに絡めていく。3番では3メートルを沈めてバーディを奪ったが、代わって躓いたのはショートパット。「思ったところに打てているけど、全然ラインが読めていない」と、4番、8番、9番と1.5メートル以内のパットを3度外して首をひねった。

だが、暴れるショットと入らないショートパットに苦心しながらも、随所に粘りのプレーを見せていたのも一方の事実。11番ではティショットを池に入れたが、ドロップ後の3打目をグリーンに載せて8メートルを沈めてパーセーブ。8番でもドライバーを右に曲げたが、ラフからの2打目をピンそば1メートルへと運んでリカバリーに成功した。

「ショットがこれだけひどくて、パッティングでも3つくらい損している。そう考えると、これだけショットが悪くても、パープレーで回れてもおかしくなかった。まだまだイーブンパーまで伸ばせば予選も通ると思う」。

乱れたショットはコース上で修正し、悪い流れにも耐え続ける精神的なタフさも見せた。「後半のショットの感じで明日の前半からやれれば、良いプレーになるんじゃないかな」と語る言葉も、違和感なく受け止められた。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!