ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全英オープン
期間:07/20〜07/23 場所:ロイヤルリバプールGC(イギリス)

今日のタイガー/絶妙なアプローチを連発!18番パー5のイーグルで一気に2位タイに浮上!

全英オープン初日

全英オープン初日、午後2時39分、前日の雨の影響で予定より30分遅れてタイガー・ウッズはティオフ。初日・2日目の同伴競技者はニック・ファルド片山晋呉。リバプールの午後の気温は22度から26度、風は北西から西の方角から吹き、海側に位置する後半のホールは風を強く感じるときが多かった。

タイガーはスタートホールでいきなり3パットのボギーを叩いてしまうが、その後4つのバーディに加え、最終18番のイーグルで挽回しスコアを伸ばした。初日は「34」-「33」=「67」、5アンダーの2位タイ。単独トップは6バーディ、ノーボギーでラウンドした北アイルランド出身のグレイム・マクダウェルだった。

<< 下に続く >>

全英オープンが開催されるリンクスコースは風の影響はもちろん、ボールが落ちてからランの多く出る設定になっている。タイガーは5番ウッドではなく2番アイアンを選択、ティショットで多用しフェアウェイを多く捕らえた。1番ホールでいきなり1メートル弱のパーパットを左に引っ掛けて3パットのボギーとし、ギャラリーのどよめきが起きたが、その後は落ち着いたプレーでバーディとパーを重ね、黄色いリーダーボードを上昇していった。

昨夜の雨でフェアウェイやグリーンは僅かながら軟らかさを取り戻したロイヤルリバプール。前半のタイガーは、グリーン手前のエッジを狙う慎重な守りのゴルフを展開していた。1番のボギーのあとは3連続パーとし、前半で一番易しいとランクされた5番パー5で2オン2パットのバーディを奪い、スコアをイーブンパーに戻した。

8番ではピン奥6メートルからのバーディトライを僅かにショートさせてパーとした後、9番ではピン右4メートルを見事に沈めてバーディ。前半はパー「35」に対し1アンダーの「34」。パー5ながら初日の平均スコアは4.45とチャンスホールになった10番で、タイガーは残り256ヤードから2オンを試みた。しかしボールはグリーン右手前をガードする深いバンカーにつかまってしまい、これがなんと目玉・・・。

3打目はバンカーの高いあごに当り脱出できなかったが、4打目は絶体絶命の状況からスーパーショットを放ちパーセーブに成功。次の11番ではティショットをミスしラフに行ってしまうが2打目を寄せて3つ目のバーディを奪取。13番、14番と左からの風に影響を受けてグリーン右にボールを外してしまうがここを連続でパーセーブ。特に14番はグリーン右手前の深いラフで難度が非常に高い状況のなか、バンカーショットのようなエクスプロージョンのスーパーロブでピンチを乗り切った。

16番パー5は今日唯一ドライバーでティショットを放ち攻めに出た。だが球は大きく左へそれて隣の17番のフェアウェイで止まった。結果オーライとなり2打目は6番アイアンで2オンに成功。ここをバーディとし、スコアを3アンダーにする。難しい17番をパーとしたタイガーは、18番パー5で2アイアンのティショットを選択した。右のOBが気になるパー5だが、フェアウェイを捕らえ、2打目は4番アイアンで2オンに成功。ピン右4メートルのイーグルパットをねじ込み、バック9はパー37に対し4アンダーの33で合計「67」でホールアウトした。

アイアンでティショットを打つ作戦が成功して、フェアウェイキープ率で高いデータを残したタイガーだが、今日の好スコアの鍵となったのは間違いなく10番と14番のパーセーブだ。フェースを大きく開いた上に積極的にリストを使うショットは、多くの練習量と自信に満ち溢れた勇気ある大振りをしていた。唯一のボギーは3パットで、グリーンを外したときのパーセーブ率は100%。18番で入れたイーグルパットは「午前中のプレーの模様をテレビで見ながらチェックしていた時に同じラインからのパットを入れた選手がいたので(左に)曲がらないのは知っていた。」とタイガーは語っていた。

明日は午前9時前のスタートとなり比較的好スコアを出しやすいコンディションだと予想される。明日も同じようにアイアンでのティショットを多用し、常にパールートを探しながら丁寧なプレー、そしてパー5でスコアを伸ばすという作戦になるはずだ。今日と同じように西からの風が吹くようだと、グリーンを右に外しかなり悔しがっていたタイガーが13番、14番ホールをどのようにプレーしてくるか注目したい。

★ラウンドデータ

・スコア: 67(34-33)5アンダー

・イーグル: 1回
・バーディ: 4回
・パー: 12回
・ボギー: 1回

・フェアウェイキープ率:78.5%(14ホール中11ホール)
・パーオン率: 66.6%(18ホール中12ホール)
・合計パット数: 27パット
・1パットホール: 10回
・2パットホール: 7回
・3パットホール: 1回

・パーオンしたときの平均パット数:

・パー5の2オン: 2ホールのうち2回(8番・18番)

・パー3: 通算1アンダー
・パー4: 通算イーブンパー
・パー5: 通算4アンダー

解説:アンディー和田

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!