ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

目指せ「タイガー」!?PGAのフィットネス・ブーム

昔は試合後の選手たちの動向としては、仲間で試合を振り返りながらバーで一杯というのが定番だった。しかしタイガーの出現からバーがジムに代わってきている。

ジェフ・マガート(PGA歴12年)「ゴルフがアスリートのスポーツになってきたんだ。みんな身体を鍛えている。そんな中で戦うには自分も鍛えないとね。」

<< 下に続く >>

ノタ・ビゲイII世(PGA4勝)「きっと多くのゴルファーたちが、ビーチに行って水着になった時に体型を笑われるのがイヤになったんだよ。」

ジョン・クック(PGA歴23年)「1989年にスランプになってそこから身体を鍛えようと決めたんだ。テニスのイワン・レンドルを見ていて、彼の強さがあの超人的な肉体であることに気がついたんだよ。ゴルフも同じだと考えてね。」

PGAのシーズンがほぼ1年間にまたがり、また選手の平均的な参戦試合数が30試合ほどと、かなりタフな状況になってきた中、やはり身体を鍛えていなければ「もたない」という。

クレイグ・パークス(02年プレーヤーズ選手権・優勝)「鍛えていると試合後にさほど疲労感を感じなくなりました。それに怪我の防止にもなりますよ。」

ジョン・クック「90年代半ばからタイガーがPGAに出現してからゴルフ界がぐっとレベルアップしてしまった。そのレベルアップについていくには、やはり同じように鍛えていかなくてはならない。ただ、昔のように筋肉をつけてシュワルツネッガーを目指すのではなく、ゴルフに必要なしなかやな筋力を鍛えていかなければならないから、ゴルフ専門のトレーナーが欠かせない存在になってきたんだ。」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!