ニュース

米国男子ザ・ノーザントラストの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・ノーザントラスト
期間:08/20〜08/23 場所:TPCボストン(マサチューセッツ州)

ウッズ「初めて」ピン抜かずパット マキロイとシュールなランチも

◇米国男子プレーオフ第1戦◇ザ・ノーザントラスト 3日目(22日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇7308yd(パー71)

スーパースターの競演は意外なポイントで注目を浴びた。後半17番でグリーン左のバンカーから20㎝に寄せたタイガー・ウッズは、ピンを挿したままタップインのパーパットを打った。

<< 下に続く >>

「これが初めてだよ」というつぶやきに反応したのが、同組のロリー・マキロイ(北アイルランド)。「やったことなかったの?」「これまではね」。優勝争いから大きく離され、笑いながらの掛け合いが最大のトピックになった。

最終18番(パー5)でバーディを獲ったウッズだったが、「73」とスコアを落とし、通算1アンダー67位に後退。マキロイは1番でバーディ発進しながら、2番(パー5)でグリーン右ラフからの難しいアプローチが目の前の土手ではね返されて背後の池に消えた。トリプルボギーを挟み、続く3番(パ―3)でバーディも「3-8-2のスタートなんて、市外局番みたいだ」と自嘲気味にポツリ。こちらも「74」で通算イーブンパー68位と順位を下げた。

ラウンド後はハンバーガーとダイエットコークで屋外のランチテーブルを一緒に囲み、無観客開催ならではのシュールな光景として話題に。最終日も2サム同組。フェデックスカップランキング49位から最終戦進出へポイントが必須のウッズ、ツアー再開後トップ10入りがないマキロイといずれもきっかけが欲しい日曜日になる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・ノーザントラスト




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!