ニュース

米国男子ザ・ノーザントラストの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・ノーザントラスト
期間:08/20〜08/23 場所:TPCボストン(マサチューセッツ州)

「人生のコーチ」からクビ通告 バッバ・ワトソン今度は呼吸法にご執心

◇米国男子プレーオフ第1戦◇ザ・ノーザントラスト 初日(20日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇7308yd(パー71)

ド派手なピンクシャフトの1Wと独特なスイングから変幻自在の球筋を繰り出す個性派レフティ、バッバ・ワトソン。かねて特定のコーチに師事しないことで知られているが、3週前の「WGCフェデックス セントジュード招待」でブルックス・ケプカのコーチであるクロード・ハーモンIII氏とともにパッティング練習を行う様子が話題となった。

<< 下に続く >>

ただ、長続きはしなかった。ワトソンは「人生のコーチ」と呼んだ相手との別離について、「彼は僕をクビにしたよ。『一緒に仕事はできない』と言われた。もちろん、クロードは良き友人だよ。不調の要因は精神的なものだと思っていたし、長期的な契約というわけではなかった。彼もやはり『精神的なものだから』と言っていたからね」と説明した。

今大会の開幕を目前に控えた17日(月)からは、Zoomを使って呼吸法の専門家に指導を仰いでいるという。「指に計測器をつけて、お腹にベルトを巻いて、呼吸と心拍数をリラックスした状態に保つトレーニングをしている。コース外では安定しているのに、コースでは速くなりすぎることがある。気に入らないショットやパットを打ったとき、正しい方法で呼吸すれば、心を落ち着かせて不安を和らげることができるのは世界中で証明されているんだ」と狙いを語る。

この日は7バーディ、1ボギーの「65」をマークし、首位と1打差の6アンダー5位発進。呼吸法とともに、かつて長く愛用していたピンのB60パターに替えたこともビッグスコアを後押しした。「ピンのスタッフに助けを求めて、元に戻してみた。子どもの頃に初めて使ったパターだ。なぜか僕のストロークにはB60の方が合っている。昔からの友人のような感覚で、自信を持って打てた」とうなずいた。

ツアー再開後、前週「ウィンダム選手権」を除いて全試合に出場してきたが、再開後のトップ10入りは6月の「チャールズ・シュワブチャンレジ」のみ。ポイントランキング66位と次戦進出へ油断ならない位置だけに、大きく息を吐き、心を整えて優勝争いに踏みとどまる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・ノーザントラスト




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!