ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

コービーの背番号「8」を継承するトニー・フィナウ

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 最終日(2日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

「こんな位置、みたことないぞ。いったいどうなっているんだ?」。最終日前夜、ウェブ・シンプソンは16番(パー3)のホールロケーションについて、キャディと首をひねっていた。手前24yd、左8yd。それは、一週間前に亡くなった元ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアント氏が現役時代につけていた2つの背番号「8」と「24」を表していて、PGAツアーは同ホールのピンフラッグにも「8」と「24」を縫い付けて、NBAのレジェンドを粋に追悼した。

<< 下に続く >>

今週、ブライアント氏についてもっとも熱く語っていたのはトニー・フィナウだ。毎日、レイカーズの「8」をつけたジャージで16番をプレーした。わずか2週間前にスコッツデールに引っ越してきたというフィナウの自宅は、コースから車で5分のところにある。そんなことも相まって、大観衆の大半は「トニー・コール」でフィナウを後押しした。

しかし、フィナウは勝てなかった。1打リードで出た最終日は1つスコアを伸ばすにとどまって、シンプソンとのプレーオフで惜敗した。だが、負けたフィナウの表情は爽やかだった。「(正規の18番での)最初のパットは入ったと思ったけど、カップをすり抜けてしまった。(プレーオフ時の)2回目は最初のパットとラインが似ていて少し遠かったので、もう少し曲がりを読んだら、今度は曲がってくれなかった。ウェブを祝福したい」。

世界ランク12位につけるフィナウだが、ツアーではまだ1勝。これから、自分の力を世界に示していく必要がある。フィナウが選んだ「8」の背番号は、ブライアント氏がデビューから10シーズン付けていたものだ。ルーキーが自力で居場所を掴み取っていった時期に重なっている。

「今週は勝つチャンスがあったけど、残念ながら勝てなかった。それでも、自分のゲームはかつてないほど良い状態で、かつてないほど自信もある。知っての通り、自分はなにごとにも屈しない。これが2勝目に向けた障害であろうとなんであろうと、すぐに突破して自分の道を進むのさ」。不屈の“マンバメンタリティ”が、フィナウにも宿っていた。(アリゾナ州スコッツデール/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!