ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルバークデール(イングランド)

タイトル防衛を狙うパドレイグ・ハリントンだが…

2007年、運命に翻弄されたのはセルヒオ・ガルシアだけではなく、パドレイグ・ハリントンも同じ。ハリントンは72ホール目にダブルボギーを叩き、優勝を逃したと思い気落ちしていたところ、駆け寄ってきた3歳の長男の笑顔に励まされ、プレーオフで優勝。しかし、今週のハリントンは体調万全とは言えません。

パドレイグ・ハリントン
「今週、どんな成績に終わっても、私が2007年に優勝したことは永遠に変わりません」

ハリントンは記者会見で、「全英オープン」を棄権するのではとの噂を否定した。先週「アイルランドPGA選手権」で優勝した後、右手首を痛めたハリントン。15日(火)はアウトの9ホールを回った後、インではフルスイングのショットを打たず、チップショットとパットだけを行なっていた。また、ハリトントンは症状が極端に悪化した場合は、土壇場で棄権することもある可能性を示唆している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。