ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ルーキー畑岡奈紗 デビュー戦はあのキャディがエスコート

◇米国女子◇ピュアシルク バハマ LPGAクラシック 事前情報(24日)◇オーシャンクラブGC(バハマ)◇6625yd(パー73)

今季から米国ツアーメンバーに加わった畑岡奈紗が、26日から始まる開幕戦で1年目のシーズンのスタートを切る。今週限定でキャディを務めるのは、宮里藍のエースキャディであるミック・シーボーン氏。憧れの人である宮里のパートナーと初タッグを組み、デビュー戦を迎えることになった。

開幕2日前の火曜日はメジャー1勝を含むツアー4勝のミッシェル・ウィとラウンドをともにした。現地到着後は移動の疲れも見せず、ショット、パットの感触は日に日に良くなっているという。「きのうは体を回しすぎていたと思うので、それをきょうは回し過ぎないように注意した」と、ラウンド中には何度かシャドウスイングを繰り返して確認する場面も見られた。

渡米前には、初戦に向けて「緊張感はない。楽しみの方が大きい」と期待に胸を膨らませていた強心臓の18歳。改めてルーキーイヤーへの意気込みを問われ、「(来季の)シード権獲得を目指して頑張りたい」と目標を掲げた。

初日は午前8時33分に、ジョアンナ・クラッテン(フランス)、バハマ出身のジョーゼット・ロールと同組で1番ティからスタートを切る。

関連リンク

2017年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~