ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/09〜06/12 場所:サハリーCC(ワシントン州)

史上最年少「LPGA殿堂入り」へ 朴仁妃の必要条件

2016/06/09 11:06


世界ランク2位の朴仁妃(韓国)にとって、9日にワシントン州のサハリーCCで開幕する「KPMG女子PGA選手権」には特別な意味がある。女子では前人未踏となるメジャー大会4連覇だけでなく、史上最年少でのLPGAゴルフ殿堂入りが懸っている。

直近2試合はいずれも、左手親指のケガにより第1ラウンドで棄権している朴。今週は「ミシガン(前々週の「LPGAボルヴィック選手権」)以来、はじめて18ホールを回った」と7日(火)のプロアマ戦でプレーしたほか、8日も数ホールのコースチェックを行い、「ここ数週間に比べるとよくなった」と左手の状態について話した。

<< 下に続く >>

LPGAの殿堂入り要件として、メジャー大会での勝利や成績に応じて換算されるポイントの他に、ツアーで10年間“アクティブなメンバーである(あった)”こと、というものがある。この“アクティブ”というのは年間最低10試合に出場することで満たされ、朴にとっては今週がその10試合目かつ10年目。LPGAでは1ラウンドを終えることで、出場と認められる(1球だけでOK、ではない)ため、いつにも増してケガの状況が注目を集める。

「私はいつも、こういう怪我や試練を乗り越えられると信じているし、これまでのゴルフ人生においていくつもの障害を乗り越えてきた」と本人は胸を張る。そして、今週この試合に勝つ自信はあるか?と問われると、にっこり笑って即答した。「もちろんです」。

朴は初日、午後1時30分にポーラ・クリーマーアリヤ・ジュタヌガン(タイ)と同組でティオフする。(ワシントン州サマミッシュ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!