ニュース

米国女子ホンダ LPGAタイランド2012の最新ゴルフニュースをお届け

宮里美香、上田桃子、諸見里しのぶのコメント/ホンダLPGAタイランド最終日

宮里美香 7バーディ2ボギー2ダブルボギー「69」通算4アンダー/21位タイ
2番の第2打がバンカーに掴まり、腰の高さのボールを打つもグリーン奥にこぼれて4オン2パットのダブルボギー。しかし、それ以外はショット、パット共に好調さを見せつけた。パターはフェースにクリップをとりつけて行う練習でストロークが安定したという。

「最後(18番)はどうしても獲りたかった。17番のボギーが悔しかったので、18番は強い気持ちでいったら3打目も良いショットを打つことができました。3日目と最終日にアンダーで回れたのは、自分にとってプラスになります。2番(のダボ)は悔しいけど、それ以降のバーディチャンスはしっかり打てたので良かったです。良い一週間だったと思います。最終日に伸ばせたし、これからも3日目、4日目にしっかり伸ばせるようにやっていきたいです」

諸見里しのぶ 6バーディ6ボギー「72」通算イーブンパー/33位タイ
ショートアイアンやウェッジでグリーンを捉えられなかったりと、時折“らしくない”ミスが見られた。それでも今週の収穫は前半叩いても、後半巻き返すことができたということだろう。

「雰囲気は2日目と同じでした。ユーティリティのミスが目立って、カムバックは良かったけど、もったいないというより大きなミスがいくつかありました。コースだと緊張してリズムが悪くなったり、丁寧に行こうとしてミスになったりしたので、試合に入ったらそこに打つということに集中して、技術よりも気持ちを前面に出していきたいと思いました。まずまず良い手応えを掴めたし、この試合はホンダさんにせっかく推薦で出させて頂いたし、それを無駄にしたくないと思うので、沖縄は100%に近い状態まで準備して臨みたいです」

上田桃子 3バーディ3ボギー「72」通算5オーバー/54位
ホールアウト後の爽やかな笑顔が、体調の良さを物語っていた。練習日までは好調さを発揮していただけに3日目までの体調不良が悔やまれるが、そんな中でも4日間戦い抜き、得たこともあったという。

「やっと普通にできました。100%じゃないですけど、これだったら打てるなってくらいですけど。今日、これまでの3日間と同じくらい(の痛み)だったら(シンガポールの前に)日本に帰ろうと思っていたのですが、1ホールに5回くらい(痛さの)波があったのが1回くらいになって。後半、水分を摂ると腸が動いて痛くなるのですが、来週は大丈夫かなと思います。なので、このままシンガポールに行って、水曜日まで様子を見ようと思います。(この一週間)久しぶりに米ツアーに来て、こっちの選手の小技のうまさを痛感したし、私のショットが悪かったからこそそれを余計感じたし、もっと練習が必要だなと思いましたね」

関連リンク

2012年 ホンダ LPGAタイランド2012




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~