ニュース

米国女子CN カナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍「明日は自分のプレーに徹する」

カナダにあるヒルズデイルG&CC で開催されている、「CN カナディアンオープン」の3日目に、2選手に並ばれるも首位タイをキープした宮里藍。「今日もあまり伸ばそうとせず、しっかりと自分のプレーをしようと思っていた。前半は良かったが、やはりパターが入らないホールが続くと入れたい気持ちが強くなって。それでもいいストロークは出来ていたので、こういう日だったのかなと。入っても入らなくても、その状況を楽しんで周れたのでよかった」と、この日のラウンドを振り返った。

この日は3バーディ、2ボギーで1ストローク伸ばすにとどまり我慢のゴルフを強いられた。中盤から終盤にかけ、バーディチャンスにつけるも、カップに蹴られる不運。「スピードもラインも合っているのに、たぶん昨日よりもグリーンが硬かったので、その分ちょっとバンピー(でこぼこ)だったのかなと。でも、そういう中でも自分のストロークに集中して最後まで出来たし、3パットもなく、よく我慢したと思う」と、状況を冷静に受け止め、セルフコントロールは完璧だった。

クリスティ・カーチェ・ナヨン、申智愛と世界ランク上位に立つ選手が優勝争いに名乗りを挙げた3日目。「ポジションを落とさないのは大事だが、僅差にいろんな選手がいっぱいいるので、トップに立っているからといって全然優位には感じていない。でも、そういう状況だからこそ、自分のプレーに徹しないといけないと思う」とライバルたちの存在によって、自らの身を引き締める。

ショット、パットともに調子は上々、「コースマネジメントが一番の鍵」と話す宮里が、今季2つめのタイトル獲得に向け明日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 CN カナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。