ニュース

米国女子エビアンマスターズ by Societe Generaleの最新ゴルフニュースをお届け

美香、ノーボギーで12位浮上に「まぁいいかな!」

2011/07/23 06:45


「エビアンマスターズ」2日目、好調なショットがこの日も宮里美香をけん引した。

1番で幸先よく2mを沈めてバーディを奪うと、その後も3つのバーディを重ねてボギーは無し。最大のピンチだったと振り返ったのは4番。2打目をグリーン右のラフに外したが、アプローチを80cmに寄せて事なきを得る。この日「68」で回って通算5アンダーの12位タイでホールアウトした宮里は、「上がり3ホールでチャンスを決められなくて、うーんっていうところもあるけど、まぁいいかな」と屈託無く笑い飛ばした。

「ショットは70~80点。パットはそこまで評価できません」と相変わらずグリーン上での自己評価は芳しくない。それでも、ただ無策で手をこまねいているわけではない。

フックラインが苦手だという宮里は、通常の3、6、9フィートからのパッティング練習を終えると、6フィート(1.8m)のフックラインを6球連続で沈めるというドリルを実践。「やりはじめてから、少しずつイメージがつかめてきました」と、徐々に課題の克服へと近づいている。

首位との差はわずかに4打。「スコアを気にしていてもしょうがないので、一打一打やってまた60台が出せたらいいと思います」と、宮里はしっかりと自分の足元を見つめている。残り36ホール、本人の言うとおり地道に這(は)い上がっていくのが一番の近道だ。(フランス・エビアン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 エビアンマスターズ by Societe Generale




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。