ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米女子オープン
期間:06/03〜06/06 場所:オリンピッククラブ(レイクコース)(カリフォルニア州)

本当だったらプレーオフには…悔しさにじむ畑岡奈紗「一打の重みを感じた」

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(6日)◇オリンピッククラブ(レイクコース) (カリフォルニア州)◇6457yd(パー71)

最終日を首位と6打差6位から出た畑岡奈紗は、序盤にダブルボギーをたたきながらも後半に巻き返し、3アンダー「68」で通算4アンダーとして笹生優花とのプレーオフに突入。3ホール目に笹生がバーディを奪い、2位に終わった。

<< 下に続く >>

序盤にラフを渡り歩いてダブルボギーとした6番や、2オンを狙ったものの、バンカーの縁に止まってパーに終わった17番(パー5)。振り返れば、何とかなったかもしれない1打が脳裏をよぎる。

「本当だったらプレーオフにならずに…。途中、一打の重みを感じていました」と、畑岡は悔しさを飲み込んだ。「でも、6打差あったのをプレーオフまで進めたのは良かったと思う」

悲願だったメジャー制覇は、あとわずか届かなかった。プレーオフを戦った笹生とは、2016年の「全米女子アマ」のベスト8で対戦し、1ダウンで負けていた。「ジュニアのときからずっと戦っているし、前から強くて絶対上がってくるなというのは分かっていた。簡単には勝たせてくれないと思っていた」

畑岡は気丈に負けを受け入れた。「今シーズンが始まってからなかなか自分のゴルフができていなかったけど、この試合に合わせて来られたのは収穫でもあるかなと思う。もちろん悔しい気持ちの方が大きいけど、これからまたしっかり調整していきたい」

次のメジャー大会「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」は3週間後にやってくる。(カリフォルニア州サンフランシスコ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!