ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 キア・クラシック
期間:03/25〜03/28 場所:アビアラGC(カリフォルニア州)

「メジャーにつながる」上原彩子は“予行演習”に合格点

2021/03/29 13:35


◇米国女子◇キア・クラシック 最終日(28日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6609yd(パー72)

今季米ツアー初戦だった上原彩子が4バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算4アンダー12位と上々のフィニッシュを決めた。

<< 下に続く >>

トップ15入りはオーストラリア開催の2019年「ISPS HANDA ヴィックオープン」で11位に入って以来。「4日間手応えがあった部分もあるので、来週のメジャーにつながる感じでいけるのかな」。開幕が迫る「ANAインスピレーション」(4月1日~/カリフォルニア州ミッションヒルズGC)前哨戦での好成績に声を弾ませた。

「69」の前日は精度の高いショットと硬いグリーンを織り込んだマネジメントがかみ合った。この日は「グリーンの硬さが安定していないというか、自分がイメージするよりも止まっちゃったり、逆に行っちゃったり、みたいな感じで内容的にはきのうの方が良かった」と振り返る。

それでも、長いバーディパットを打ちきれずにショートさせた10番(パー5)、左下がりの寄せを強いられた11番(パー3)としぶとくパーセーブ。初日3パットボギーをたたいた最終18番もショートゲームでしのいだ。

「メジャーセッティングとなると、そういう(耐える)シチュエーションを含めて4日間、いろんな意味で試される。技術的にも精神的にも、粘り強くガマン強く。ずっとパー、パー、パーでも上には行けない。メリハリがすごく大事。今週のプレーは来週にも生きてくる」とうなずく。

昨年は9月開催で気候、芝など「時期によって、こんなにも変わるんだとビックリしました」。ことしは恒例のスケジュールに戻って迎える。「ここ何年かの間では、コースコンディションが一番いいんじゃないかというくらい仕上がっていると聞いた。本当に頭を使う一週間になると思う。もちろん楽しみですし、いい戦いができるように頑張ります」とテンションを上げて乗り込む。(カリフォルニア州カールスバッド/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!