ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<7月28日>

1987年 メジャー制覇ならず 岡本綾子「全米女子」プレーオフ負け

ニュージャージー州のプレーンフィールドCCで開催されたメジャー「全米女子オープン」。岡本綾子ローラ・デービース(イングランド)らとのプレーオフに敗れ、悲願のメジャー制覇を逃した。

豪雨による再三の順延のため、最終ラウンドが月曜日に終了。ジョアン・カーナーを交えた大会史上初になる3人による18ホールのプレーオフは火曜日に行われた。

<< 下に続く >>

当時36歳の岡本は第3ラウンドを終えトップに立つ。「72」とパープレーで回った最終ラウンドではアンダーパーを出したデービースとカーナーに追いつかれたが、同年は7月時点ですでにツアー3勝。男子ゴルフが優勢の米国において、最も名誉がある全米女子での日米英のトップ選手による対戦は注目された。

天候に恵まれたプレーオフでは当時23歳と勢いのあるデービースに先行を許し、1オーバー「73」。2打差で敗れ、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来になる日本人2人目のメジャー制覇は叶えられなかった。

全米ゴルフ協会(USGA)は名勝負としてこの大会を公式サイトでも紹介。岡本は同年4勝をマークし、日本人として初めて米女子ツアーの賞金女王に輝いたが、2位が6度とメジャー制覇はついに達成できなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!