ニュース

国内シニア皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

冨永浩「第二のゴルフ人生を送れるだけで幸せ」

20位タイからスタートしたシニアルーキーの冨永浩が、この日最少スコアとなる「68」をマークして5位タイに浮上した。「途中のボードで上位がのびてないのは分かっていました。5位で最終日を迎えますが、そんな(優勝だなんて)大それたことは考えていません」と謙虚に話す。

10歳で始めたというゴルフを、大学卒業後の留学先で再開。「アメリカに6年(83~89年)いました。アマチュアの時は、全米オープン予選会に通過し、全米アマに出場しました。ゴールデンステイツ(カリフォルニアツアー)やカナダツアー、オーストラリアンツアーといった試合に参加しながらゴルフしていました。2~3勝はあげられましたよ」。

85年、全米オープン予選を見事突破し、本戦出場、さらに同年、全米アマチュア選手権にも予選1位通過で出場した経歴を持っている。その後プロ転向し、カナダツアーや豪州ツアーにも参戦。88年に帰国し、JPGAプロテストに合格すると、翌89年の「フジサンケイクラシック」で国内ツアーデビューを果たした。

自身の手本となる選手に質問が及ぶと、「ルーク・ドナルドダスティン・ジョンソン
コースマネージメントが参考になります。具体的なシニアツアーの目標は特にないけど、一日でも長く試合に出たい。米国、欧州(シニアツアー)は、もし機会があれば参加したいけど、まだアメリカのレベルではないかな」と控え目だが、いずれは世界へ出ていくことも夢見ている。

「こうして第二のゴルフ人生を送れるだけで幸せです。シニアツアーはすごく楽しい。昔はゴルフが出来ることを当たり前に思っていましたが、改めてゴルフが出来ることに感謝しています」。明日の最終日、上位で争うことに刺激され、海外で培われた冨永の真の強さは目を覚ますのだろうか。(兵庫県・吉川町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。