ニュース

国内シニアファンケルクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

優勝のキム・ジョンドク、チャンピオンズツアーに挑戦

2011/08/21 18:46


静岡県裾野市で開催された「ファンケルクラシック」は、韓国キム・ジョンドクが国内シニアツアー2戦目での初勝利で幕を閉じた。

このコース(静岡県・裾野カンツリー倶楽部)は母国である韓国ソウルのホームコースに似ていると話す。「タイトでアップダウンがあるところ。池は多かったけど、似ているから易しく感じた」と初日から首位を独走し続けた。初日、2日目ともに2~3打差をつけての独走には、「自分は差が開くと、もっと、もっとと伸ばしていくのがプレースタイル」という言葉通り、最後は、後続を引き離すスパートを見せた。

<< 下に続く >>

キムは、今年の12月には、アメリカのチャンピオンズツアー(米国シニアツアー)のQスクールを受験予定だと言う。「多くの(日本の)選手から、元気なんだからアメリカに行け!と言われた。チャンピオンズツアーでは、シニアの中でも若手が活躍しているからね」。現在、ドライバーの平均飛距離は285ヤード、今大会2日目にドラコンを記録するなど、若手選手にも引けを取らない。

その年齢からは想像できない剛腕を武器に、韓国シニアツアー、日本シニアツアー、アメリカと世界をまたにかけキムは戦っていく。(静岡県裾野市・糸井順子)

*記事中の記録に一部間違いがあったため、修正しています。(2011年8月24日)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ファンケルクラシック




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!