ニュース

国内女子宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミ「順位を考えるとプレッシャーに」29戦ぶり3位発進

2019/06/13 19:01


◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日(13日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6511yd(パー72)

2015、16年の賞金女王イ・ボミ(韓国)が6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。首位と2打差の5アンダー3位で初日を終え「ティショットがフェアウェイにいって、アイアンもピン近くにいったので、このスコアで回ることができた」。18年4月「サイバーエージェント レディス」以来、29戦ぶりのトップ3発進に笑みを浮かべた。

<< 下に続く >>

前半1番(パー5)、50ydから57度で3mにつけてバーディ発進。7番でも6mを沈めてバーディを奪った。「1日中、集中が切れなかった。初日からいいプレーができてすごくうれしかった」。フェアウェイキープ率は79%、パット数も26パットと安定した。

自宅のある神戸市からコースまで車で20分と集中できる環境。「おいしいご飯を作ってくれる」と母・ファジャさんの韓国料理で英気を養い、コースに立つ。今年は16年賞金ランク1位の資格で得た3年シードの最終年。それでも11試合に出場し、予選落ちは4度と同ランクは76位に沈む。賞金シード(同ランク50位以内)獲得にプレッシャーもかかる。

2日目はインコースから笠りつ子松田鈴英と同組で午前7時57分スタート。「優勝とかトップ10とかは考えていない。順位とかを考えるとプレッシャーになる。1日ずつしっかりといいプレーをしたい」と表情を引き締めた。(神戸市北区/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!