ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

平均ストローク記録と海外メジャー出場権 鈴木愛のモチベーション

2018/11/21 18:50


◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 事前(21日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6471yd(パー72)

鈴木愛が平均ストロークのツアー最少記録と、来年の海外メジャー出場権確保に気持ちを高めた。今季ツアー最終戦の開幕前日にプロアマ戦で調整し、「平均ストロークの60台はかなり厳しいけど、(新記録に必要なスコアを)切れるようにしたい。あと(海外メジャーの)出場権は欲しい」と話した。

平均ストロークのツアー最少記録は、2016年にイ・ボミ(韓国)がマークした『70.0922』。鈴木は前週の「大王製紙エリエールレディス」3日目に「79」をたたき、前人未踏の60台は絶望的な状況になった。「本当に腹が立って、練習しないで久しぶりに帰った。ただ、あれだけたたくと切り替えるしかない。ボミさんの記録を切れるように」。現在は『70.1393』で1位におり、今大会で通算11アンダーよりも良いスコアを出せば記録を更新する。

昨年の優勝スコアは通算15アンダーだが、「ラフが長くなった」という今年のコースセッティングから、「キャディさんと話した限りは9、10アンダーで優勝を争うスコア」と予想。記録更新への高いハードルを認識した上で、「調子は悪くないので、かみ合えば(1日)5アンダーなんかも出る」と語った。

3位につける賞金ランキングでは、同ランク上位2人に付与される予定の来季海外メジャー初戦「ANAインスピレーション」の出場権確保が目標だ。900万円余りの差がある同2位の申ジエ(韓国)を抜いて、「どうしても出たい」とこだわる。2季連続を目指した女王タイトルはアン・ソンジュ(韓国)に奪われたが、モチベーション高く最終戦に臨む。(宮崎県宮崎市/林洋平)

関連リンク

2018年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~