ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

20アンダー超の優勝スコアを想定 今年の女子プロ日本一決定戦

2018/08/06 17:18

国内女子メジャーの今季第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が9月6日から4日間、富山県の小杉カントリークラブで開催される。東京都内のホテルで6日(月)に会見が行われ、コースセッティングの詳細が発表された。

今大会が富山県で行われるのは1982年(高岡カントリー倶楽部)以来、36年ぶり2回目。小杉CCは同県北部に位置するパブリックコースで、レギュラーツアーの開催は初めてとなる。

全長6605yd(パー72)のコースについて、セッティングを担当する塩谷育代は「おそらくビッグスコアが出ると思う」と予想した。既存のホールをそのまま生かす形でフェアウェイを絞りすぎず、昨年比で平均5ydほど広い25~30ydの幅に設定。また、グリーンスピードは昨年より1フィート落とし、12フィートにする見込みだ。

4日間すべて好天に恵まれるという前提で、塩谷は優勝スコアのイメージを「20から25アンダー」とした。実現すれば、1979年(大阪府・PLCC)に岡本綾子が記録した通算17アンダーの大会記録を更新する。

昨年大会を通算5アンダーで制した李知姫(韓国)は、「去年と同じ(難しいセッティング)だと思い、攻略的にプレーしないといけないと思っていた」と話し、伸ばし合う展開は予想していなかった様子。「来週、コースを回ってみたいと思います」と、初めてコースチェックに臨む予定だ。(編集部・塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。