ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「世界のサトちゃん」の流れに乗りたい プロギア契約の藤本麻子

2018/04/19 17:35


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 事前情報(19日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

藤本麻子はプロアマ戦で最終調整し「コースとの相性が良いかは分からないが、ジュニア時代からプレーしているコース。うまくかみ合えば上位で戦える」と意気込んだ。

今季は全7試合で決勝ラウンドに進出し、2度のトップ5を記録した。「例年よりは悩みすぎていないというか。うまく切り替えられている」と説明。前週「KKT杯バンテリンレディス」では初日に7オーバー94位と出遅れたが、2日と最終日をともに「68」でプレーし13位でフィニッシュ。「強気でゴルフができました。開き直れましたね」と振り返った。

昨年は36試合110ラウンドで全体1位となる357バーディを奪った。それでも優勝できなかった現実に「ボギーが多いということ。それを減らすためにアプローチが大事になってくる」と課題を分析。太平洋に面し、絶景とも評されるコースを最後まで入念に確認した。

思わぬ吉報にも笑顔を見せた。ジュニア時代から親交があり、自身と同じプロギアと用具契約を結ぶ男子プロの小平智が米ツアー「RBCヘリテージ」で初優勝。すかさず「世界のサトちゃんだね」とお祝いメッセージを送った。

「小さいころからマスターズに行くんだと話をしていたし、頑張っていた。私もその流れに乗りたい」。2011年「伊藤園レディス」以来となる2度目の優勝に気持ちを高めた。(静岡県伊東市/玉木充)

関連リンク

2018年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~