ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

あす、イ・ボミの賞金女王が決定的な理由

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 3日目(19日)◇エリエールGC松山 (愛媛県)◇6474yd(パー72)

パー4で「+4」などで「74」、通算4アンダー37位のイ・ボミ(韓国)だが、2年連続の賞金女王が決定的となった。賞金ランク2位の申ジエ(韓国)、同3位の笠りつ子が、優勝を逃した時点でタイトルの決まる圧倒的有利な状況だが、笠は通算5アンダー34位、申は通算2アンダー46位で、通算20アンダーで首位を走るテレサ・ルー(台湾)にリードを広げられているからだ。

<< 下に続く >>

いつものスマイルが消えたのは3つ伸ばして迎えた13番のミス。4Wで打った約180ydの2打目を右に曲げてOB。4打目をグリーン左のバンカーに入れると、次の一打でもグリーンに乗せられず2パット。「大東建託・いい部屋ネットレディス」2日目の18番(パー5)以来の「+4」となった。「2打目で持つクラブが大きかった。左からのアゲンストの風の影響もあった」と悔やんだが、「気持ちよく(賞金女王を)決められるように、10アンダーまでいきたい」と気持ちは最終日に向いていた。

申、笠の2選手は絶望的な状況に追い込まれた。笠は、「かみ合えばビッグスコアは出ると思う。でも、ちょっと上位を見すぎて戦いすぎた。あしたは前だけを向いて、自分のプレーをします」と話し、申も「ベストを尽くすしかない。優勝を意識していた気持ちはあるけど、うまくコントロールできなかったのは悔しい。きょうまでを反省して、あと1日、頑張ります」と、賞金女王は視界から消えかかっているようだ。(愛媛県松山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!