ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

受験生の弟へゴメン! 新人・高木萌衣が迎えるプロ初シーズン

2016/03/03 08:27

家族の支えを背に弟想いの新人・高木萌衣が 家族の支えを背に弟想いの新人・高木萌衣がツアー開幕戦に挑む

国内女子ツアーは3日(木)から行われる「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で2016年の幕を開ける。19歳の新人、高木萌衣(たかぎ・めい)にとってはプロ初シーズン。プロテスト合格後、昨年末のファイナルQTで26位に入り、今年はほぼフル参戦が可能となった。

自身のプロツアー出場経験は昨年の「日本女子オープンゴルフ選手権競技」1試合のみ。初もの尽くしとなる今季は、母・圭子さんがツアーへと帯同する。

プロ生活1年目には目標がある。「もらった賞金で弟にプレゼントをあげたい。いろいろ我慢させてきたから」。父に連れられ8歳でゴルフを始めて以降、家族はゴルフ中心の生活を送ってきた。「土日は私の練習で車を使っていた。だから弟をどこかに連れて行ってあげたりできなかった」と振り返った。

高校卒業と同時に地元の大阪府を離れ、「ゴルフアカデミー 中島」のある兵庫県で友人とルームシェアで暮らし始めた。4月で高校3年生になる弟の元さんとは、今は離れて暮らしている。姉の想いに圭子さんは「昔は喧嘩ばっかりだったのに」と嬉しそうに微笑んだ。

母娘2人のツアー転戦には、宿泊費や移動費などで1000万円程度の費用が必要となる。その一方で、弟は孤独な受験生としての1年がスタートする。プロツアーは予選通過を果たさないと賞金を獲得できない厳しい世界だ。弟への想いを胸に、姉は初シーズンへと踏み出していく。(沖縄県南城市/林洋平)


特集SPECIAL

プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには川﨑志穂プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~