ニュース

国内女子伊藤園レディスの最新ゴルフニュースをお届け

エントリーし忘れ!シード権正念場の香妻琴乃、マンデー通過で出場

2015/11/12 17:14


13日に開幕する国内女子ツアー「伊藤園レディス」(千葉県・グレートアイランドC)のマンデートーナメント通過者に、香妻琴乃の名前があった。マンデートーナメントには通常、本戦への出場権を持たない選手がチャレンジする。香妻は今季の賞金シードを持っている。いったいどういうことなのか。

開幕前日、練習場で最終調整を施した香妻は「エントリーし忘れ。完全に自分のミス。多くの関係者やスポンサーの方に心配と迷惑をかけた」と反省した。

通常はトーナメント開催の4週間前までがエントリー期日。各大会へのエントリーは自身で行っているが、ちょうど4週前の「富士通レディース」初日にエントリーしていないことに気づいた。「マズイ!という気持ちより、周りに迷惑を掛けてしまうことを懸念した」と、関係者にすぐに連絡を入れた。

幸い、今週はマンデートーナメントがあったため参戦を決めた。前週の「TOTOジャパンクラシック」の出場権がなく、1週間のオープンウィークを練習に充て、万全の姿勢で臨んだマンデートーナメントで3位タイになり、上位5人の通過者の中に滑り込んだ。

関係者によると、賞金シードを持つ選手が大会エントリーを忘れ、マンデートーナメントから出場権獲得に至った例は、近年記憶にないという。

前週までの賞金ランクは48位。上位50位までに与えられる来季の賞金シードを当確ラインに乗せていない香妻にとって、シーズン残り2試合(今季優勝者と賞金ランク25位までに出場が限られる最終戦を除く)と油断できない状況だ。

「チャンスをいただけて本当に良かった。出場できる可能性がゼロでなくて良かった」と、ホッとした様子。「焦りはない。シードは(残り)2試合終わっての結果」ととらえ、シーズン開幕当初から目標としてきたツアー初優勝に向けひた走る。(千葉県長南町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 伊藤園レディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!