ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら 国内ラストゲームで10億円突破なるか

来季の米ツアー挑戦のためにQスクールを受ける横峯さくらは、次週木曜日には渡米するため、国内での今季の戦いは今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」が最終戦となる。

大会前日の水曜日にプロアマ戦を終え「早いですね」と今シーズンが終わりを告げることに感慨深くため息まじりに話した。今季の横峯は積極的に海外メジャーに参戦し、国内では25試合に出場。優勝こそ果たせなかったが、現時点で賞金ランキング21位とまずまずの成績を残した。

米ツアーのQTを前に挑む国内最終戦に向けて「いいプレーをしていい状態で(QTに)挑みたい。まだ、アメリカのコースの情報など把握していないので、向こうに行ってから情報収集をします。それよりも、今週は日本での最後の試合になるので、1日1日しっかりと、1打の重みを感じて耐えるゴルフができればいい」と目標を掲げた。

前週の「伊藤園レディス」では、3日間で11個のバーディを奪いながら、ボギーが5つとダブルボギーが1つ。通算4アンダーの21位タイに終わった。「先週、1打の重みを感じることが出来なかった。今週の目標順位は主人とまだ相談できていないのですが、予選を通らないことには上に行けない。まずは予選通過を目指します」と、最低条件は満たしたいところだ。

横峯には今週の順位とは別に1つ達成しておきたい目標がある。獲得賞金総額10億円という大台だ。達成まではあと1,214,566万円。今大会で単独で17位以内に入ることができれば、不動裕理に次ぐツアー史上2人目の達成者となる。(香川県三豊市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。