ニュース

国内女子西陣レディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

金田が57位から4位に急浮上 「楽しかったですね~」

2012/04/14 19:40


国内女子ツアー第6戦「西陣レディスクラシック」の2日目、57位タイからスタートした金田久美子が、この日のベストスコアとなる6バーディ、1ボギーの「66」をマーク。コースレコードにあと1打に迫る会心のプレーを見せ、首位に2打差の通算2アンダー4位タイに浮上、予選落ちの危機から一転して優勝争いに名乗りを挙げた。

10番からスタートした金田は、10mのロングパットを沈めて幸先良くバーディ発進。12番、13番(パー3)といずれも4mを沈めてスコアを伸ばすと、18番(パー5)、6番と7m、さらに最終9番(パー5)も10mを沈めてのバーディフィニッシュ。面白いようにロングパットがカップに吸い込まれた。

パットもさることながら、開口一番「アイアンショットがすごく良かった」と振り返る金田。「ドライバーは曲がっていたけど、(アイアン)ショットが良いのでバンカーからもピンに向かっていく。グリーンを外したのは1度だけでした」と口調も滑らかだ。

先週の2日目までは「良くなかった」というアイアンだが、「2日目が終わった後の練習で、リズムやテークバックなどで掴みかけたものがあった」という。「ずっとショットが悪くて、“打とう、打とう”とトップが大きくなっていたので、テークバックを少し小さくした」という修正が奏功。早くもビッグスコアへと繋がる成果が現れ、「楽しかったですね~」と満面の笑顔を見せた。

次週には、昨年プロ初勝利を手にした「フジサンケイレディス」が控えている。今週最高の結果で弾みをつけ、思い出の地・川奈に乗り込みたいところだ。(熊本県菊池郡/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 西陣レディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。